lirik.web.id
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 #

lirik lagu tielle – kokuhaku

Loading...

きっと そっと
ふれるくらいが丁度いいのに
きまぐれだと

信じたいだけなのだろう
雨はやがて 街をのみこみ
君は涙して

叶わない物語
許された forbidden love
そうありふれたシノプシスの
フィクションがよかったのに

きっと ずっと
悩んでたはずだろうにな
的外れな言葉 ばかり選んでた
君がくれた嘘たちが
無情に触れてくるから
後悔さえさせてくれない

痛みを消して 苦すぎる毒のよう
否定も肯定もできない
平等な世界で
なぜアダムはイブを
愛せなくなったの

敵わない物語
許された forbidden love
そうありふれたシノプシスの
フィクションがよかったのに

出口のない感情が
5次元に迷い込む
ありのままの自分でなんて
聞きたくはなかったのに