artis / band: a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

lirik lagu 柴田聡子 – ファイトクラブ

こんな夜中に電話をかけるあの男はあたまがおかしい
それを今かと待ちかまえてるあの男もあたまがおかしい
そんなふたりのあいだにはさまってにこにこしてる女のあたまが
きっといちばん、やっといちばんおかしくなったらせーのの合図で
なぶりあい、なぶられあい、なぶりあい、なぶられあい

あの子いいこねと鼻をきかせる女のからだうつくしい
あの子いやだと目を光らせる女のからだうつくしい
そんなふたりのあいだにはさまってにやにやしてる男の顔は
おおかみのような目、光もなにも無いけど
いっぽんあしで立ってるすがたを
なぐりあい、なぐられあい、なぐりあい、なぐさめあい

夢をみた、女と女がこっちを見ながらひそひそ話して
ふたりは一緒にとびらをくぐって光の中の光の中へ
男と男のあいだにはさまって突然に目が覚めた男は
派手なパーマ、思い切った水色、サンバとタンゴのあいだのリズムで
なぶりあい、なぶられあい、なぶりあい、なぶられあい

- lirik lagu %e6%9f%b4%e7%94%b0%e8%81%a1%e5%ad%90