lirik.web.id
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 #

lirik lagu ken kamikita – メグル

Loading...

閉じていく扉に間に合わなかった人。
遠回りをしてても進み行けば、
向こう側を目指せる。

突き当たりに出会い、俯き嘆いた人。
行き止まりではないとで信じ抜けば、
次の場所に行ける。

涙が雨になるのなら
涙が川に注ぐなら
永久に、永久に、
大地(ほし)が守ってくれるのでしょう。
あなたが落とした分も。

絡み合う柵に
独りを受け入れた人。
羽織った布を一枚置いてみれば、
それらは解けてゆく。

涙が川に注ぐなら
涙が海に続くなら
永久に、永久に、
大地(ほし)が守ってくれるのでしょう。
あなたが落とした分も。

汚れた感情は残さないように、
水は綺麗に溶かして行く。
またこの地を濡らすその時に、
笑顔でいてくださいと。

幾千もの人が、重ねた思いの層。
そこから零れた雨は少しだけ、
温かかった。

涙が海に続くなら
涙が空に還るなら
永久に、永久に
大地(ほし)が守ってくれるのでしょう。
あなたが落とした分も。

いつかの悲しかったことも、
あの日に覚えた痛みのことも、
流れる未来で優しく許せる日が、
必ず待っている。